ファッション・インテリア

【2023年春夏トレンドファッション】コレさえ持っていれば間違いなし!アイテムごとにコーデや着こなしも紹介


こんにちは!tugumiです!

季節も変わり、暖かくなってきましたね。
冬服をしまい、去年着ていた服を出すと…「あれ?着るものがない!!」という状態になりませんか?

ここでは2023春夏シーズンに流行るファッショントレンドの中から5つを厳選してご紹介します。
アイテムのイメージがしやすいように、多くの人が利用したことのあるZOZOTOWNから主にアイテムをセレクトしています。

ファッションセンスに自信がない人でも、ワンポイントアイテムや着こなし方も提案しているのでぜひ参考にして頂き、今年のトレンドをおさえたお洒落上級者になりましょう!

シースルー

冬にニットやジャケットの下に重ね着をし、大活躍していたシースルー。
重い印象にならず、差し色にも使え、万能なアイテムでした。
もちろん冬だけでなく、夏もいろいろな着回しができちゃうんです。

  • ショップ:Discoat
  • アイテム:【WEB限定】前後2WAYシアー袖ボリュームカーディガン
  • 販売価格:4,400円(税込)

こちらは前後両方着れる2way仕様のシースルーアイテム。
ボタンを後ろにしてトップスとして使えば、肌や体のラインをあまり見せたくないという人にぴったり。
シースルーのほどよい肌みせで品のある着こなしができます。
中のインナーをデザイン性のあるキャミソールやアメリカンスリーブにすれば、さらに個性が出てお洒落上級者に見せてくれます

今まで夏場のカーディガンといえば、ニット素材が主流でした。
コンパクトで軽く持ち運びにも便利など、いいところを上げるとキリがありませんが、着こなしが毎年同じになってしまうので飽きてきてしまいませんか?
そんな時は「素材に変化をつけるだけ」でガラっと印象が変わります
ニット素材のいいところは残しつつ、今年らしさが出る着こなしに。

カットアウト

洋服に切れ込みが入っているカットアウトが引き続きトレンドですが、今年はアイテムの「カテゴリー」に変化が出てきました。
去年はトップスの胸元や肩・腕に入っているものが多く、年齢を重ねた女性には挑戦しずらかったのではないでしょうか?

今年はワンピースやボトムスにカットアウトが入っているアイテムが増えてきています
合わせ方次第でヘルシーに着こなせるので、今まで手が出せなかったという人にぜひ試してみてほしいです!

  • ショップ:【左】Chico        【右】PAGEBOY
  • アイテム:【左】サイド開きキャミワンピース 【右】アソートデニムジャンスカ
  • 販売価格:【左】9,680円(税込)  【右】11,000円(税込)

一見トップスと同じように肌の露出が多く見えがちですが、カットアウトが背中や腰の部分に入っています。
なので肌をそんなに出したくない時は、ワンピースの下にインナーを着たり、シャツを羽織ったりすれば◎

カラートップスにして色で遊んだり、素材をシースルーやレースで変化をつけて異素材MIXを楽しんだりするのもいいですね。
また海やリゾート地に行った時はそのままで開放的に!
TOPに合わせて着ることができるアイテムになります。

  • ショップ:メゾンマルジェラ
  • アイテム:スラッシュディテールデニム
  • 販売価格:93,500円(税込)

こちらはマルジェラの大人気モデルです。
シルエットがきれいで、数多くの著名人も愛用しているデニム。
ひざ横にカットが入っているので、デニムなのに女性らしい印象を与えてくれます

ですが9万円台と値段が高いところが唯一のデメリット。
似たようなデザインも他のショップにあるので、自分に合ったデザインや予算の商品をゲットしましょう。

\マルジェラのデニムをGETする/

ストラップサンダル

「お洒落は足元から」なんていう言葉もあるくらい、靴というものはトレンドを掴む重要なアイテムです。

歩きやすいけどデザイン性が高く、いろんなスタイルにも合わせられるものがいい
そんなわがままを叶えてくれるサンダルを2パターンのご紹介しますので、自分の好みやライフスタイルに合っているのはどっちなんだろうと思いながら参考にしていただけるとうれしいです。

  • ショップ:EVOL
  • アイテム:ポインテッドTストラップサンダル
  • 販売価格:5,940円(税込)

1パターン目は、「T」のような形になっているストラップタイプのサンダル。
一見履いていると足が痛くなってきそうに見えますが、柔軟性があるストラップかつ足首で固定されていてフィットするため、痛くなりにくいです。

ペンシル型のスカートやパンツスタイルのコーデに合わせれば、一気に華やかな雰囲気に仕上げてくれるでしょう。
幅広い年齢層に似合うアイテムです。

  • ショップ:HIMIKO
  • アイテム:ソフトスクエアグルカシューズ
  • 販売価格:23,100円(税込)

お次は、グルカシューズと呼ばれる先程のサンダルよりも幅が広いタイプです。
お買いものなどで長時間歩く場合は、こちらのタイプが向いているかも。

個人的には足の甲の肌面積が少なくなる分、ブラックよりホワイトやベージュの明るい色の方が、足元を軽く見せてくれるのでおすすめ。
こちらはボーイッシュなスタイルはもちろん、フェミニンなスタイルとの相性も抜群です。

ベスト・ビスチェ

Tシャツにジーバンというシンプルなスタイルでもかっこいいですが、ベストやビスチェで変化をつけてみるのはいかがでしょうか?

1枚上から重ねるだけで、カジュアルスタイルからモードスタイルにテイストをガラリと変えれることができますし、体型に自信がない人も、着やせして見せてくれる万能アイテムです。

  • ショップ:Discoat
  • アイテム:【WEB限定】スタンドネックミリタリーベスト
  • 販売価格:5,390円(税込)

ベストといえばかっちりした綺麗めなものの印象が強いので、少し周りと差がつくようなミリタリーテイストのベストを選びました。
ジャケットだと強すぎる印象になってしまいますが、ベストだと抜け感が出て挑戦しやすくなりますよね。

パンツスタイルに髪をバレッタで留めてクールな感じにしたり、スカートにキャップを合わせて甘辛コーデにしてみたり、1枚でいろいろな変化を楽しめます

  • ショップ:THE YOn
  • アイテム:綿ナイロンカーゴポケットサスペンダートップス
  • 販売価格:4,950円(税込)

ビスチェというと、少し古臭いイメージがあったり、着こなしが難しそうで、お洒落初心者さんは避けがちなアイテムだと思います。

上の写真は白一色で少し間延びした印象になりそうなものですが、黒のビスチェのおかげでコーデにメリハリができていませんか?
また同系色でまとめたい場合は、ビスチェがベルトの役割をしてくれてウエスト位置を高く見せてくれるので、かんたんにスタイルアップします。

今のコーデに「プラスワンするだけ」で、今年らしいスタイルの完成です。

カーゴパンツ

今年はワイドパンツの流行りを追いかけるように、カーゴパンツもじわじわと人気を集めています。
メンズライクなアイテムなので、普段の系統と違う人はできるだけトップスや靴は女性らしいものと合わせるのがおすすめ。

またカラーは、以前のようなカーキ色が定番というより、カラーバリエーションが多いのでストリートファッションが似合わないと思っている人も自分らしく着こなしやすいです。

  • ショップ:Chaco closet
  • アイテム:ドローコードルーズカーゴパンツ
  • 販売価格:4,290円(税込)

今年のトレンドになっているカーゴパンツの1番ベーシックな形です。
シルエットがゆったりとしているので、脚の太さが気になる人はぜひコーデに取り入れたいアイテムになります。

その分トップスをジャストサイズにしたり、クロップド丈にしたりしないと一昔前のようなコーデになってしまうので要注意
バケットハットやキャップで変化をつけたりすると、色んな着こなしを楽しめます。

  • ショップ:JEANASIS
  • アイテム:ハイウエストフラップポケットパンツ
  • 販売価格:8,250円(税込)

こちらは少し幅がスリムなタイプになっており、カーゴパンツ初心者の人におすすめ。
普段のコーデのパンツをこのアイテムに交換するだけで今年らしい印象になります

体型をカバーしすぎると余計に大きく見えてしまうので、デコルテや手首・足首を出したり、靴をヒールがあるものにしたりと一工夫しましょう
カバンを小さいものしても女性らしさが出ていいですね。

【2023年最新トレンド】今デニムが熱い!ザラ (ZARA)の春コーデ5選 こんにちは!tugumiです!季節も暖かくなり、春服を着るのが待ち遠しいですよね。2023年のトレンドはいくつかありますが、「...

まとめ


以上、2023年春夏最新トレンド5選と、そのアイテムを使ったコーデや着回しを紹介させていただきました。
トレンドアイテムを取入れると、今年らしくまわりと差が付くコーデが楽しめます。
「挑戦してみたいけど、どうやって着まわせばいいかわからない…。」と悩んでいた人の役に立てたらうれしいです!

今回ご紹介した商品は、デニム以外ZOZOTOWNで購入できます
すき間時間にいろいろなショップの洋服を見れて、送料250円(税込)で自宅に届くから便利ですね。
公式サイトはサイズやカラー展開などがくわしく記載してありますので、そちらをご覧ください。

いつも同じコーデになってしまうと悩んでいる人も、トレンドアイテムをうまく着こなせないと一歩踏み出せない人も、今年は違う自分でお洒落を楽しみましょう!

こちらの記事もおすすめ!